息継ぎについて考えた・・・(TдT)

昨日は、本に書いてあったこと、Facebookの友達のアドバイスを踏まえ、いろいろ考えてプールで実行してみました。

息継ぎが上手くいかない理由を自分なりに考えてみた。

  1. 水中で鼻から息を吐き過ぎて、その分口から吸えていないのではないか?
  2. 水中で鼻から息を吐いているつもりで吐けていないので、吸った空気が入らないのではないか?
  3. 口から吸った空気をそのまま鼻から出しているだけで肺に送られていないのではないか?
  4. 吸った空気をゴクリと飲み込めば、地上と同じように楽に呼吸ができるのではないか?
  5. 水圧でしっかり肺を膨らませ空気を取り込むことができていないのではないか?

水に顔をつけて、それぞれ検証したがどれも当てはまらない。4番だけはゴクリとやると鼻から大量の水が入ってきて死にそうになった。(´;ω;`)ウッ…

dolphins-blowing-bubbles本に書いてあった「水中では息を止め、顔を上げた時に口からパッと吐き、直ぐに口から吸う。」を実践してみたら、意外と上手くいった。しかし、一々パッと吐きハ〜と吸うなんて考えていると途中で間違ってリズムを崩したり水を飲んだりしました。そこで、この方法に旧友からのアドバイスである「パッと吐くだけで、人間は勝手に酸素が入ってくるんだよ」作戦を追加してみることにした。

最初は、吐くものがなくなり苦しくなって撃沈。二回目のトライで「パッ」と発音してみた。するとなんか空気が入ってきた気がしました。この方がパッと吐くだけでいいのでステップが一つ減り思考がシンプルになります。手応えを感じ、実際クロールをしながら、この呼吸法を実践してみました。

やっぱり20メートル辺りから苦しくなって、溺れたように残りの5メートル暴れて25メートルやっとの思いで到達。まぁ、これを繰り返して行けば何かを掴めるかも知れないと溺れたように25メートル行き来しました。

ふと進まないで呼吸の回数を増やせば息継ぎの練習になるな〜と、手も脚も軽〜く動かして息継ぎの回数増やして、丁寧にステップを確認しながら泳いでみました。

なんと!

軽〜く息継ぎしながら25メートル行けてしまいました。ここで頭フル回転!(0.1秒)

dolphin2分かりました!地上でも全力で100メートル走ったら、ゼェハァ〜ゼェハァ〜しますよね。これを水中に当てはめるとゼェハァ〜ゼェハァ〜している状態で5〜6秒に一回の呼吸(4ビート)で整う訳もなく、どんどん苦しくなるのが容易に予想出来ます。そうです!腕のかきを頑張り過ぎていたのです。

息継ぎができていなかった訳ではなく、息継ぎが間に合っていなかったのです。

苦しくないから、無駄に頭を上げない→バランスを崩さない→脚が沈まない→ストリームラインを維持できる→結果的に速く進む。

これだったのか〜〜〜!?
次回も再現できれば間違いないでしょう。

次回の目標

  • 前回の再現
  • 左向きでの息継ぎ
  • 手とキックのタイミング確認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。